2006年06月05日

ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!ちょーぉさいてーーぇ

みなさんこの世の中には、存在してはいけない生物がいます。

だが存在するんです。


それは・・・・


超最低男

この人種の生物は、地球上で生息して欲しくない生物です。

最低男にも色々ありますがね (゚Д゚)y─┛~~私の出会った最低男は、一回り上の我侭ヒモ男でしたorz

話をする前に前提として私自身が子供であまりにも未熟すぎたことも原因の一つといえます。


その最低男をsとします。

sは、ほんとどうしょうも無いやつでした。

今思えばなんですが( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


sに何度も殴られました。
気に入らないと首を絞められたりもしました。
これは、別れる前の末期症状でしたけど。
ほんとsと居た別れるときの最後の半年間は、地獄だった。

初めてsと会ったのは、関東に一人で上京してきたときのこと

今回の上京は、実は2回目です(*´艸`)ふふ

もう数年間片思いだった彼に完全に振られてしまい傷心の私の前に現れたのが当時仕事先で知り合ったsでした。

sは、なんとゆうかふいんきとゆうかそうゆうのが片思いだった彼にそっくりで話し方とかも似てて引きずってた私は、sにラブ光線だしまくりました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

で付き合うことになったんですがsが結婚していることは、知っていたのでまぁ簡単に言うと不倫失楽園です。

sのこをよく知らなかったせいで私は、あんなに苦しめられるとは、もちろん知らずだから後々凄く苦しんだんです


sは借金しまくり男だったんですよ。

んで私に対しても凄く借金して何でもそうです。
最後は結婚してるのに私のところに転がり込んできてそれがまぁ最終的には、一番最悪なことだったんですけど。
一度も生活日なんか入れてくれたこと無いですね。

寂しかったせいもあってなんか鍵を渡した私が一番悪いんですけどねorz

sは男ことで妄想が激しくて友達はもちありとあらゆる男と接することを禁止するんですよ。
ありえないっすだってこの世は、男と女しかいませんから友達に会いに行ったら大事な人形や下着を全部捨てられてました。
携帯も専用携帯を持たされなきそうでした。
それでもう駄目だと思って逃げたんですが最後の数ヶ月殴られて殴られてあざだらけでした。
典型的なDVだったんで殴ったあとゴ━。゚(ノдヽ)゚。━メンチャィとかでも私は、そんなの許せなくて殴られたらイヤーとか悲鳴をあげたたけどアパートや近所の人は助けに来てくれなかったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
あんまり悲鳴あげるから口を押さえられたり凄く辛かった。
一番屈辱的だった出来事は、パイパンにされたこと
しかも一本一本毎日抜かれて痛くてしょうがないのに拒否すると殴ってくる最低な日々
なんで?どうしてと自問自答する日々
あと自分のプライドをものすごく傷つけられたのが料理だった。
自分自身一番の得意分野だとおもってたのにsはまずいといって全部料理を捨てたり皿を私に投げつけたりすげーいやだった。
でも少しはすきだってゆう自分の甘い部分があって別れるのにすごい時間かかりました。
今思うとあほですね。
なまじ色々と自分自身我侭でsが味方だと思ってるので仕事場で色々あったんですがおこちゃまだったんでΣ(ノ∀`*)ペチッ
sも一緒になって私のこと影でバカにしててなんで?どうして?ってものすごく最悪な思いしました。



かたりつくセナいっす

今思うことは一つ別れてよかった

ってことでまたこんど続きかくっす。
posted by つきな at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18884198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。